BBCWorld Serviceでのラジオ放送(要約)

2018年10月、BBCWorldのImpactで2回、BBCラジオで2回にわたり、中国の臓器移植に関する特集がありました。ラジオ放送は下記のリンクから聞いていただけます。2回に分けての放送で、各26分。テレビ放送より濃い内容でした。 2018年10月15日と10月22日に報道されたBBC ラジオ番組は下記の通りです。 https://www.bbc.co.uk/programmes/w3csxyl3 誰を信じる?(Who To Believe) 中国の臓器移植(China’s Organ Transplants) https://www.bbc.co.uk/programmes/w3csxyl4 移植ツーリズムと透明性(Tourism and Transparency) 中国の臓器移植(China’s Organ Transplants)   マシュー・ヒル記者が臓器移植への中国式アプローチを探索 ―――――――― 下記に日本語で内容を大まかにまとめました。 あくまで参考のためですので、英語放送で確認をとってから引用してください。 ーーーーーーーー 2018年10月15日放送 https://www.bbc.co.uk/programmes/w3csxyl3 誰を信じる?(Who To Believe)   ・エンバー・トフティ(元中国―ウイグル―の外科医):1995年にまだ息のある囚人から臓器を摘出したときの証言。 ・アニー・ヤング:友人医師が1985年に臓器を摘出したと証言 ・匿名の元中国の医師:処刑者の頭は撃ち抜かず右胸を撃ち、死なせないで臓器を摘出する話はプライベートに交わされていた。 [ナレーション:2015年、中国は囚人からの臓器摘出を停止したと発表] ・ジェイコブ・ラヴィー(イスラエルの心臓移植医):2005年に自分の患者が中国で決められた日時に心臓移植をした。当時、保険が移植ツーリズムを支えていた。2008年にイスラエルは移植ツーリズムを禁じる法律を導入。 [ナレーション:公式発表の移植件数と実際の移植件数には10倍の開きがあると調査者は批判] 臓器源は? [ナレーション:1999年 法輪功の迫害が始まる。中国の気功と瞑想から成り、中国で人気を集めた。 国家の管理制度下にはなく、人数が多くなり(1億人)、中国政府が危惧。多くは労働教養所に入れられ、2〜3年もしくは転向するまで投獄される。禁酒・禁煙のため、法輪功をやっている者は、国家にとって容易に臓器が摘出できるターゲットとなった。法輪功だけでなく、ウイグル、一部のキリスト教徒も犠牲になっている] ・イーサン・ガットマン:「国家の敵」を消滅させることが目的。 ・ウェンディー・ロジャーズ(オーストラリア、マクアリー大学教授):自分の調査で「良心の囚人」から臓器を収奪していることが判明。死刑囚とは全く違う。 ・デービッド・マタス:電話のおとり調査で、病院が法輪功臓器の使用を認めている。待ち時間の短さ。 証拠は? ・アニー・ヤング(中国人の元拘束者・法輪功・ロンドン在住):労働教養所の近くの病院で3ヶ月ごとに血液、目、臓器の検査を受けた。海外との接触があったので体には触れないで精神的な拷問を受けた。 ・ハイ・カンリウ(67歳・中国人の元拘束者・法輪功・トロント在住):3ヶ月後、病院に連れられた。瓶2本分の血液がとれらた。 ・マンフレッド・ノーヴァク:(ウィーン大学教授 国際法・人権) 2004〜2010年、拷問に関する国連特別報告官 。2005年、中国視察。拘束中のアニー・ヤングの釈放を中国政府に陳情し、アニーと接触。 [ナレーション:国際社会に知られる拘束者は臓器をとられないが、無名の法輪功は?] 懐疑的な意見: ・ジェラミー・チャップマン:(国際移植学会の元会長)中国の病院を視察。臓器のための殺害という話は信じ固い。事実を証明するためには中国側の透明性が必要。   結論:良心の囚人が犠牲者である明確な証拠はないが、否定する証拠もない しかし… 100万人のウイグル人が拘束。労働教養所に送還されている。12歳から65歳のウイグル人のDNA,血液検査、瞳のスキャンが採集された。臓器ドナーの備蓄か?法輪功に起こったパターンが繰り返されている。…