中国での臓器収奪について

中華人民共和国(中国)が国を上げて取り組み、急速に成長した臓器移植産業の背後で行われている臓器入手のための行為。通常の臓器移植とは異なり自由意思ではなく、臓器提供者(ドナー)は殺害されます。ETACは臓器収奪の停止を求めています。この問題についてわかりやすく解説します。

詳しくはこちら

Featured topics

タイムライン:臓器収奪の経緯

中国での臓器収奪について1994年から現在までの調査報告、中国側の主張、国連内の動き、世界宣言などを、画像・映…

調査報告と摘出の過程

調査のきっかけ 2006年、利潤の高い臓器移植産業に臓器を供給するために、オンデマンドで良心の囚人(無実の人々…

中国での良心の囚人からの臓器収奪を調査する民衆法廷

中国・民衆法廷 – 裁定(2019年発表)について (関連項目、公聴会の実録サイトへは、右のリストをクリックし…

Featured Videos

中国での臓器収奪とは? 

7分弱の動画で解説。

何が起きているのか?

証拠は?

中国・民衆法廷 裁定

2018年から2019年にかけて7名の判事団があらゆる証拠と50名以上の証言を精査し中国での良心の囚人からの臓器収奪が行われていることを結審。「中国・民衆法廷」の意義や裁定発表の様子をまとめた9分の映像。

世界の対応

決議案

米下院と欧州議会は、中国政府が「良心の受刑者」から臓器収奪していることを譴責する決議案を通過させました。

法規

中国で行われている残虐行為に鑑みて、イスラエル、スペイン、台湾の政府は、違法な臓器源に基づく中国への移植ツーリズムに自国民が参加することを制約する法規を通過させました。

もっと読む

法輪功学習者とウイグルの人々からの
臓器収奪を停止

最新情報

プレスリリース:『赤い帝国・中国共産党による臓器収奪の真実』出版

2021年11月26日、『赤い帝国・中国共産党による臓器収奪の真実』が刊行された。 著者の小川正樹氏は、「今回…

プレスリリース: 臓器収奪に関する国連書簡、中国側が回答も 専門家「不十分」で「誤解を招く」

Follow @@ETAC_JP 臓器収奪に関する国連書簡、中国側が回答も 専門家「不十分」で「誤解を招く」 …

プレスリリース:『中国臓器移植の真実』―美談報道の裏で何が起きていたのか 出版

2020年6月16日にフジテレビ「とくダネ!」で「日中命のリレー」として美談報道された中国人技能実習生の心臓移…

よくある質問(Q&A)

Q: 臓器移植と臓器売買の違いは?

A: 臓器移植とは事故や病気により臓器が機能しなくなった人に、他の人の健康な臓器を移植し機能を回復する医療です。

臓器移植にはすでに死亡された方から臓器を移植する死体臓器移植と、生きている健康な方(多くは家族)の臓器を移植する生体臓器移植があります。

死体臓器移植は心臓を含む、多くの臓器を移植できる一方、生体臓器移植は肝臓、腎臓、小腸などの一部を移植します。

臓器移植を行うと、他者の臓器を異物として認識し排除しようとする働き(免疫)により、拒絶反応が起こります。拒絶反応が起こらないようにするために、臓器を移植される患者(レシピエント)と臓器を摘出される人間(ドナー)の血液、組織型の適合性を事前にチェックします。

いずれも臓器提供者(ドナー)の「提供したい」という善意の自由意思による行動であることが大前提です。

親族間の臓器移植手術ではない場合、臓器を移植される患者(レシピエント)は、通常、移植希望者として登録し、血液型などの要因が適合する臓器が現れるまで順番待ちをします。その際、財産上の利益供与は発生しません。

「臓器売買」は、金銭・物品などを対価として臓器提供を行うことで、貧困者からの搾取、人身売買、犯罪組織との結びつきが絡み、非倫理的であり、日本を含む多くの先進国で法律により禁止されています。

Q: 臓器収奪とは?

A: 強制臓器摘出、臓器狩りとも呼ばれ、臓器売買の一形態です。
移植手術のために臓器が本人の合意なく摘出され、その過程で殺害されます。

Q: 証拠はあるのですか?

A: 実際に手を下した医師の証言、臓器移植の規模、数週間から数ヶ月という短い待ち時間、拘束経験者による身体検査や収監・拷問の証言、家族の証言、電話によるおとり調査の録音など多くの証拠が存在します。

2018年〜2019年に英国ロンドンを拠点に開廷した「中国(臓器狩り)民衆法廷」では、入手できる証拠すべてを詳査し、「臓器収奪は中国全域で何年にもわたりかなりの規模行われてきた」「現在も続いている」と結審しています。

Q: 良心の囚人とは?

A: 暴力に訴えない異見論者が、国家により収監された場合に用いられた言葉ですが、「中国(臓器狩り)民衆法廷」では広義に捉え、信条のみならず、中国政権が迫害する民族も含まれています。2021年6月14日、国連の特別人権報告者9名から中華人民共和国に宛てた書簡(英語原文)には、「法輪功学習者、ウイグル人、チベット人、イスラム教徒、キリスト教徒などの民族・宗教・言語上の少数派」と明記されています。

Q: 「中国(臓器狩り)民衆法廷」とは?

A: 2018年〜2019年に英国ロンドンを拠点に開廷されました。正式名称は「中国での良心の囚人からの臓器収奪を調査する民衆法廷」です。人権擁護で著名なジェフリー・ナイス卿を議長とする7名の判事団が、入手できる証拠すべてを詳査し、50名以上の証言者からの聴取を経て、「臓器収奪は、中国全域で、何年にもわたり、かなりの規模行われてきた」「現在も続いている」と結審しています。

Q: どのような人が中国で移植を受けているのですか?

A: 中国共産党政権の幹部、富裕な中国人、「移植ツーリズム」として国外から移植を受けに中国にいく外国人などが挙げられます。

日本からの渡航移植に関する中国・民衆法廷での証言(動画1分35秒)もあります。

Q: なぜ医師が無実の人々を殺害できるのですか?

A: 中国政府は任意に「国家の敵」を定め、そのグループに属する人々に迫害を加えてきました。

中国共産党政権下では、「国家の敵」というレッテルを貼られたら、人間以下として扱われます。国家の敵を殺害し、その臓器を国民のために利用することは有益であるという考え方です。(中国・民衆法廷での関連証言 (動画1分21秒)

Q: 国際社会の主な対応は?

A: 「中国・民衆法廷」の裁定を受けて、米国では2021年3月に「臓器狩り停止法案」が提出され、国連では2021年6月に9名の特別人権報告者が中国に書簡を提出しました(プレスリリース)。欧州議会の人権に関する小委員会でも2021年11月に取り上げられ、カナダ議会、英国議会でも法案・修正案通過のために議論されています。